感染症にともなう湿疹とかゆみ

湿疹と痒みをともなう感染症の中に、溶連菌感染症といものがあります。 溶連菌感染症は、今のように抗生物質が発達していない頃、猩紅熱と呼ばれる伝染病として恐れられており、感染者は隔離措置される程、危険な病気でした。 感染症の経路としては、溶連菌感染者の咳やくしゃみなどによる飛沫感染が一般的です。 感染してから発症するまでの潜伏期間は、およそ2日~5日くらいあり、発症してすぐに、喉の痛みや発熱などの症状があらわれます。 はじめは、咽頭炎や扁桃炎のような喉の違和感や痛みに始まり、その後39度前後の急な高熱が出ます。 喉の痛みは徐々にひどくなり、頭痛、吐き気、関節痛などをともなう場合もあります。 そして数日後には湿疹やかゆみ、イチゴ状舌などの溶連菌感染症特有の症状があらわれはじめます。 顔や首、胸の周辺、手首や足首などに赤くて細かい湿疹が広がり、この湿疹は、弱い痛みを感じるかゆみをともないます。 また、舌には白い苔のようなものがあらわれます。 3日~4日ほど後には、舌がプツプツとした状態に荒れ、真っ赤になります。 この症状は、イチゴ状舌と呼ばれており、溶連菌感染症の特徴的な症状の1つです。 また、首のリンパが節の腫れ、扁桃腺が腫れをともなった喉の痛み、中耳炎、かゆみをともなう赤く細かい湿疹も溶連菌感染症の特徴としてあらわれる事もあります。 溶連菌は、喉に潜伏している事が多いので、周囲に感染する危険性が高いため、家庭内で1人感染した場合には、20日間程度は、体調の変化に気を付けるようにしましょう。 非常に感染力も強い為、子供が感染したのをきっかけに、家族全員が感染してしまうケースも少なくありません。 溶連菌感染症の疑いがある場合には、自己判断をせずに、まずは医療機関を受診するようにしましょう。