トリコモナス感染症とその症状とおりものの匂い

トリコモナスの症状とは ▲詳しい症状をチェック トリコモナスとはトリコモナス原虫によって引き起こされる感染症で、性交渉によって感染しますが下着やタオル、よくそう、便器などを経由して感染してしまうこともある感染症です。 感染経路としては主に性交渉ですがコンドームを使用していても感染を完全に防ぐことは難しいとされています。 トリコモナスは女性が感染してしまうと、トリコモナス原虫が性器内に入り込んで炎症を引き起こし、男性の場合よりも症状が重いのが特徴です。 また妊婦の場合には早産や低体重児の危険もあります。 女性の場合には膣に加えて子宮頸管や膀胱、尿道にも感染して炎症を起こし、外陰部の強いかゆみや痛みなどが起こり黄色から灰色の泡状で匂いの強いおりものが大量に出ることがあります。 しかし感染症にかかった人の半数ほどは症状がないとも言われ、治療せずに放置してしまうことも多く、放置してしまうと炎症が卵管にまで達してしまい不妊や流産を招いてしまうこともあります。 感染していると必ずおりものが泡立っていると言うことではなく、透明なおりものの場合もあります。 子宮頸管炎の場合にもおりものの量が増えて強い匂いがすることもあります。 おりものの強い匂いや、外陰部の強いかゆみがある場合には検査をするようにしましょう。 検査は性器や尿道を綿棒などでこすったり、男性では尿で検査することができます。 トリコモナスの治療は抗トリコモナス錠を飲んだり、膣に入れる薬を用いて行われます。 治療が終わっても、再発防止のためにきちんと治ったかどうかを検査する必要があります。 特定のパートナーがいる場合にはお互いに感染している可能性もあるので一緒に検査を受けて、治療を行うようにしましょう。 また予防にはコンドームをはじめから最後まできちんとつけることが大切です。